HOME > 施術内容 > スポーツ外傷

施術内容

スポーツ外傷

スポーツ外傷 対応症状・処置方法

南板橋整骨院では以下のような症例に対応しています。

  • 急性期のケガ・スポーツ障害・関節症などの慢性疾患からの機能回復・パフォーマンス向上・フィジカル強化
  • スポーツ障害・・・野球肩、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘・ジャンパー膝・ランナー膝・腰、膝、足、その他使いすぎによる慢性時痛、関節症、オスグット病など
  • スポーツ外傷・・・靭帯損傷、滑液包炎、捻挫、挫傷、打撲など
  • 競技種目に合わせた運動療法とフィジカルトレーニング指導
  • 指導管理→競技別再負傷、後遺症の予防対策

膝関節のハイボルテージ&超音波治療

超音波治療器は音熱マッサージ効果により捻挫や肉離れからの早期回復、関節痛や神経痛の痛みを早く鎮めます。
また、細かい振動でマッサージを行うため刺激感も穏やかで、どなたでも安心して治療を受けていただけます。
通常の電気治療より鎮痛効果の高い「Hi-Voltage」と傷ついた細胞の修復を促進する「マイクロカレント」(微弱電流)により消炎、鎮痛、治癒促進効果が早く得られます。

膝の治療に効果的!Hi-Voltage(ハイボルテージ)とは!?


膝関節超音波治療のポイント

1.視診(目で診る)
  • 入り口を入ってきたところを診る。
  • 歩き方、靴の脱ぎ方、しゃがめるか、膝を曲げられるか等の動き。
 
2.問診(聞いて診る)
  • いつから痛いのか?どういう時にいたいのか?どうした時に痛いのか?
    →いつでも、何年も前に転んだ後から、階段昇降時、正座をした時、歩行時、起床時、膝をついて転倒など
  • スポーツ外傷の場合は受傷肢位
    →コンタクトスポーツでの相手と接触して転倒し乗られて、足を掴まれたまま倒されて、ジャンプから着地を失敗して、急なターンをして、など
3.触診(触って診る)
  • 患側と健側にどのような差があるかを触りながら行う
  • 筋力低下による膝関節変形の有無
  • 筋肉の硬結(硬さ)または関節拘縮(こわばり)の有無の確認
 
4.検査
  • 靭帯損傷、半月板損傷、関節水腫(膝に水が溜まること)の有無
  • 関節可動域制限(正常な曲げ伸ばしができるかどうか)の有無
  • 90°以上屈曲できるか?確認
    →できない場合は関節内の異常が考えられる。(変形、半月板や靭帯の損傷
    →できる場合は筋腱の炎症や血行不良、滑液包(膝の周りにいくつもある潤滑液が入った袋のようなもの)の炎症
5.説明
  • 状態の説明
    →正常な膝の構造に対して現状どうなっているか(炎症、筋肉の血行不良、関節変形、靭帯、半月板損傷の疑い)
  • どの様な治療が必要かを説明
    →炎症、靭帯、半月板損傷の疑いは安静、アイシング、固定、免荷など、保存治療が必要。
    →血行不良性の痛みの場合は温熱、手技療法など、膝周囲筋群の血流を良くする治療が必要。
6.治療法
  • 必ず膝に負担のかからない肢位(体勢)で行う
    →軽く曲げた状態がベスト
  • アイシング
    →炎症の拡大を抑えるため患部を冷やす。
  • Hi-Voltage
    →痛みを早く鎮める。
  • MCR
    →治りを促進する。
  • 超音波療法
    →関節腔内へ照射することにより滑液を早く除去する。
    →滑液包へ照射し活性化を促す。
  • 固定
    →関節の安静、保護、再負傷防止のため包帯、副子固定、サポターなどで固定。
  • 干渉波療法
    →膝関節に関連する筋肉を電気で収縮運動させ、血行不良、拘縮、硬結を除去する。
  • 温熱療法
    →膝関節に関連する筋肉を温め、毛細血管を拡張、血流促進させる。
  • 手技療法
    →膝関節に関連する筋肉を手で収縮運動させ、血行不良、拘縮、硬結を除去する。→関節可動域訓練、ストレッチ

膝関節に関連する筋肉
大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋群、前脛骨筋、腓骨筋、腓腹筋、足底筋

7.治療後のチェックと指導管理
  • チェック
    →再度検査を行い治療前後で動きや痛みの軽減度を確認する。
    *屈曲、伸展など可動域の確認。歩行時の痛み具合など。
  • 指導管理
    →現状説明
    *膝の状態の再説明→炎症期なのか回復期なのかなど
    →今後の治療計画
    *治療頻度→炎症期は毎日、競技復帰の目安など・日常生活動作注意点
    *歩き方→健側から歩く
    *階段昇降→健側から昇降
    *入浴→炎症期は温めない。
    *就寝時の姿勢→患側を下にしない。
    *セルフケア→熱感時はアイシング、周囲筋群のセルフストレッチなど
Hi-Voltage(ハイボルテージ)を使った膝の治療に自信があります。膝の痛みにお悩みの方はぜひ一度お越しください!

03-3579-5933 〒173-0004  東京都板橋区板橋1-37-2 メゾンフジ1F
アクセスMAP
ネット予約
下板橋駅徒歩1分 各種保険取り扱い

このページのトップへ