HOME > 症状別解決法 > 肩こり

症状別解決法

< 首の痛み  |  一覧へ戻る  |  腰痛 >

肩こり

原因

日ごろから仕事、家事、勉強などで腕をからだの前に挙げて使い、重い頭を首肩背中で支えています。そのため首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって痛みや重く感じるのが肩こりです。
肩こりを引き起こす主な要因としては、筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷などが挙げられます。それらの要因が単独、または、互いに関連し合いながら肩こりを引き起こします。
首と肩の周辺にはさまざまな筋肉があります。これらは重い頭や腕を支えて立っているだけで緊張し続けています。緊張が続くと筋肉が疲れて疲労物質がたまり硬くなります。それが血管を圧迫して血液の循環を悪くしたり、末梢神経を傷つけたりして、こりや痛みを起こします。また、血行不良になると、筋肉に十 分な酸素や栄養が供給されず、筋肉に疲労がたまって、ますます筋肉が硬くなってしまいます。
・デスクワークなど長時間の同じ姿勢
・腕を胸の高さまで挙げる作業
・重量物を長時間持つ、肩にかける
・エアコンなどで肩が冷える
など、偏った姿勢や緊張した状態を続けたり、冷気にさらされたりすると筋肉が疲労して肩こりが起こりやすくなります。

当院での治療

表層(僧帽筋、三角筋など)深層(棘上筋、棘下筋、肩甲挙筋、菱形筋など)筋群の血行不良による痛みなのでホットパック、マイクロ波、干渉波、手技療法など血流を改善する治療法が有効です。


< 首の痛み  |  一覧へ戻る  |  腰痛 >

このページのトップへ