HOME > スタッフ紹介 > 林田 一孝

スタッフ紹介

一覧へ戻る  |  坂口 尚之 >

林田 一孝

出身 長崎県雲仙市千々石町
星座 1月生まれの山羊座
スポーツ歴 サッカー・フットサル・スノーボード
趣味 サッカー(ポジション DF)フットサル
好きな食べ物 さば塩 ブリのにぎり

出会ったすべての方に感謝し、患者様ひとりひとりに
「良くなった」「元気になった」と言われるように 日々精進しています。

サッカーが大好きだった少年期。
怪我がきっかけで接骨院に通うように

1984年1月3日に姉が3人、4人兄弟の末っ子として長崎県雲仙市で生まれました。
小さい頃から動き回る事が大好きで、小学校からサッカーを始めました。試合中に足首を痛めた事がきっかけで近所の接骨院に通うことになり、人生初の治療というものを体験しました。中学校時代には古傷の足首に加え膝も痛くなり、また接骨院に通いながらサッカーをする日々が続きました。

接骨院の先生のおかげで
高校最後までサッカーを楽しめた

幸いサッカーが出来ない状況までには至らず、3年生の最後の大会では長崎県ベスト4の成績を収める事ができ、小学生の頃からお世話になった接骨院の先生には感謝でいっぱいだったことを今でも憶えています。
高校では今までとは比べものにならない練習量でしたがチームメイトと支え合い、2年生の時には県大会準優勝を経験できました。高校生活最後の年を迎え、優勝を目指し頑張ってる矢先に腰痛が発症し、これによりサッカー人生初の長期療養を経験するこになりましたが、接骨院の先生・チームトレーナーの先生のおかげで何とか復帰することができ、高校最後の年は県ベスト4・ベスト8という成績で終える事ができました。

お世話になった方への恩返し。怪我で困っている人の力になりたい!

これまでのケガにより、お世話になり支えられた先生たちの影響で、自分もサポートする側になり、ケガで困っている選手の役に立ちたいと思ったことが今の職業に就くきっかけになりました。高校卒業後、スポーツトレーナー・整体の学校へ進み、色々なスポーツ現場でトレーナー活動を経験し、たくさんの事を学んだころからもっと色々な人と接してみたいという思いが生まれ、全国展開しているリラクゼーション業界へ進む事を決め、長崎・東京のいくつかの職場を回り、たくさんの方々と接する事ができました。

しかし経験が浅かった為か、手を痛めてしまい仕事が思う様にできなくなってしまったころ、お世話になっている美容師さんに「師匠・坂口先生」を紹介していただきました。治療を始めてから驚くほど手の痛みがとれ、仕事復帰ができました。この治療がきっかけで柔道整復師に興味をもち、免許を取ろうと決意しました。

3年間の学生期間・南板橋整骨院での研修を経て、国家試験も一発合格する事が出来、卒業後も南板橋整骨院でお世話になることになりました。2013年11月より南板橋整骨院の院長をさせていただいてます。
今まで出会った方すべての方に感謝し、来院された患者さんに南板橋整骨院に来て良かった。痛みが取れ元気になったと言っていただけるよう、患者様1人ひとりに合わせた治療・施術、スタッフ全員で1人の患者様を治療できるように心掛け、日々精進しています。


一覧へ戻る  |  坂口 尚之 >

このページのトップへ