HOME > ブログ > お役立ち情報 > 南板橋整骨院ってどこにあるの??

ブログ

< 特殊電流治療  |  一覧へ戻る  |  湿布ってどれがいいんですか? >

南板橋整骨院ってどこにあるの??


「南板橋整骨院ってどこにあるの?」

と、よく聞かれます。

「南板橋ですか?」

そんな場所、駅はありません!

すみません…

なんとなく整骨院の裏に「南板橋公園」という公園があったので

その名前をお借りしました。

で、どこ?

DSC_0668.jpg


まずは東武東上線 下板橋駅を下車

普通電車で池袋から2つ目です。 

(注)池袋からは一番前に乗りましょう! 

ホームの階段を下りて上って改札です。

脚の悪い方すみません...

改札を出ると左に踏切り

右にヨークマートが見えます!

DSC_0673.jpg
(注)コンビニはファミマに変わってます


ヨークマートに向かって進みましょう!

もう すぐそこです

DSC_0690.jpg


ヨークマートを横目に

お隣さん リホームのダイチさん

トマト薬局さん

DSC_0689.jpg


到着~(^▽^)/

お疲れさまでした!

駅からの所要時間は1~2分です。

*他にJR埼京線 板橋駅から5分

 都営三田線 新板橋駅から7分です。







カテゴリ:

< 特殊電流治療  |  一覧へ戻る  |  湿布ってどれがいいんですか? >

同じカテゴリの記事

湿布ってどれがいいんですか?


冷感 温感は好みでOK!


「湿布って冷たいの?温かいの? どっちがいいですか??」


と、よく聞かれます。

冷湿布 温湿布...

正確には冷感湿布 温感湿布です。

冷感 温感の「感」とは...

そうです!感覚の「感」です。

冷感 ⇒ メントール ⇒ 冷たい感じ 清涼感

温感 ⇒ カプサイシン(唐辛子) ⇒ 温かい感じ 温熱感

感覚の違いなので「どちらがいい?」となると

どちらでもOK!です。


でも、少し注意が必要!


冷感湿布の注意!


「ギックリ腰になったので、冷湿布で冷やした!」

と聞くことがありますが、残念ながら冷感湿布で患部は冷えません。



温感湿布の注意!


温感湿布を打撲、捻挫やギックリ腰などの炎症期に貼ると

カプサイシンによるヒリヒリ感で痛みが増加することがあるので注意が必要です。



冷やす!温める!が目的であれば


冷やす! ⇒ 氷嚢や保冷剤で冷やす! 

温める! ⇒ 使い捨てカイロや入浴で温める!

がいいと思います!



では湿布の効果ってなに??

そもそも湿布の効果は冷却や温熱ではなく

消炎・鎮痛です。

消炎 ⇒ 炎症を消す。(抑える)

鎮痛 ⇒ 痛みを鎮める。



当院で使用している湿布


打撲、捻挫などの炎症期(急性期)には

パップ剤と同じように水分を含み炎症による過剰な熱を取ります


WIN_20181102_18_31_23_Pro.jpg



肩こり、腰痛などの血行不良による慢性期や外傷の回復期には

主に肩 背中 腰などの関節の動きが少ない場所に最適


WIN_20181102_18_32_55_Pro.jpg



手首、肘、膝、足首などの血行不良による慢性期や外傷の回復期には

主に関節や関節筋腱付着部など動きが多い場所に最適


WIN_20181102_18_33_23_Pro.jpg



冷たい、温かいではなく

どこへどんな時に貼るのか!

が、重要です!

参考にしてくださいね!




このページのトップへ